アドネットワークで効率的な広告効果。DSP広告のススメ

皆さんはDSPという言葉を聞いたことはありますか?
こちらはウェブ広告について言及するときに使われる言葉で、Demand-Side Platformの頭文字をとったものです。
ざっくばらんに言うと、「広告主側の為に用意された広告用プラットフォーム」という事で、広告を掲載したい企業が、広告枠を持つサイトを探すためのプラットフォームになります。
これに対して、「広告枠を持ったサイトが、掲載する広告を探すためのプラットフォーム」もあり、こちらはSupply-Side Platformの頭文字をとって「SSP」と言います。
「広告枠が空いているから何か広告を掲載したい」という「企業A」が現れると、その報せが先ずはSSPに届きます。
SSPは、そこから自分と提携している各DSPに働きかけ、広告枠の入札が始まります。
ここで一番高い広告料を払った広告主の広告が、「企業A」のサイトに表示される、というところまでが一連の流れ。
この一連の流れを全て自動化し、契約するだけでインターネットの各所に広告を表示させられる仕組みがDSP広告となります。
DSP広告は、サイトにアクセスするユーザーのデータを元に、「そのサイトにはどのような広告を掲載するのが一番効果的か」というものを判断します。
届けたい相手が最も見る可能性の高いサイトに全自動で広告が掲載されるので、効率的な広告効果が認められます。
物は試し、一度こちらのサイトで試してみてはいかがでしょう。

http://www.ndpmarketing.co.jp/service/dsp.html