本場韓国でも大人気、農心辛ラーメンの美味しさのひみつ

ある統計によると、最近日本では即席めんの需要が伸びており、その背景には震災の影響があるようです。
確かに即席めんは日持ちし、熱湯があればすぐに食べることができるので、震災時の保存食として最適だと言えます。
そんな即席めん市場で、一際人気を集めているのが、真っ赤なパッケージでお馴染みの農心辛ラーメンです。
1986年に韓国で生まれ、本場の食通たちを唸らせた人気商品が日本に渡り、今では私たちにも馴染みある商品の一つとなりました。
その人気の秘密はスープや麺にあるようです。
唐辛子やにんにく、しいたけ、ねぎなどを合わせ、研究の末にたどり着いた特性スープに、200回を超える実験から生まれたもちもち食感の麺が韓国、そして日本のラーメン好きの心を掴んでいるのです。
本場韓国のラーメン市場においても、およそ25%のシェアを誇る人気ぶりで、現在もさらなる美味しさを実現できるよう、日々改良を重ね続けています。
本場のうまからを体験したい方は必食です。