節電の方法とは

2011年3月に起こった東日本大震災をきっかけに、電気の意識が変わり節電を実施する企業や人が多くなりました。
電気は使えば料金を、払わなければなりません。
生活の中で、使わなくて良い電気はなるべく使わないようにするとお金の節約もすることができます。
例えば、普段だらだらテレビを見ていた人ならば見たいテレビだけ見るようにしてみたり、使わない家電があればコンセントを抜いておきます。
コンセントは差した状態の場合には、微量の電気を使っているため使う時だけ差し込むようにします。
また、契約しているアンペアを思い切って下げてみると次回の電気料金がだいぶ違うことに気づくのです。
なぜアンペアを下げると、料金が違ってくるのかというと基本料金が下がります。
この基本料金は、増えることはないのでこれだけでも節約することができます。
その代わり、アンペアを下げると仕える電気が減りますので注意が必要です。
あまり電気を使わないという人ならば、思い切って下げてみるのも良いでしょう。
照明機器もLED照明に交換すると、消費電力が低くなり節電となります。
また、冬になるとエアコンをつける家庭も多いです。
エアコンは、消費電力が大きいため、こたつを利用すると良いでしょう。
こたつだけでは寒いという場合には、着る毛布などの製品が販売されていますので、それらを組み合わせてみるのと良いです。
節電をすると、お財布にも優しいのでぜひやってみて下さい。
電力自由化ライフ