バイクの製造に携わっています

高校時代に原付バイクの免許を取得してから原付バイクを乗るようになり、また大学時代には自動者免許を取って車を運転するようになりました。
これがきっかけでバイクや自動車に強い興味を持つようになり、大学を卒業してからは外資系の車業界に就職しようと思ったのです。
私の周りには自動車関係の仕事をしている方がいたので、その人から車業界の話を聞いてみると自分の志向に合っていると思いました。
現在私が勤めている外資系の会社は独立性を保っており、特定の自動車メーカーの他に、色々な会社と関わることが出来るのでとても魅力的です。
各事業部の話を聞いてから私はバイクの製造に携わるようになりましたが、安全性を追求しながら日々バイク作りが出来るのは楽しいですね。
普段バイクを乗っている方の事故から出来る限り守りたいと思っていますし、そのためにも日々実車を使ってテストを行っています。
外資系の会社という事もあってアメリカやインド、ドイツなどにも拠点があり、その拠点にあるチームに指導をすることもあります。
製造されたバイクをライダーが街で乗っているのを見かけた時はとても嬉しい気持ちになりますし、これからも車業界で頑張っていきたいと思います。