兼六ホームの造成する兼六パークタウンが人気です。

主に首都圏を中心に戸建て住宅を販売している兼六ホームを代表するのは、兼六パークタウンです。
10000軒以上をこれまで販売しており、販売実績と顧客満足度は不動産業界でも一目置かれる存在となっています。
主要駅近くに自社物件として造成開発し売り出してきた兼六パークタウンは、通勤通学に非常に便利であることが高く評価されています。
父親が出世して出社するオフィスが変わったり、子供の成長に合わせて通学先が変わっても、主要駅近くに住宅を購入すると困ることがありません。
閑静な住宅街を作り上げるのが兼六ホームの住宅地造成ポリシーの一つであり、兼六パークタウンは非常に穏やかで住みやすい街と評判です。
一例として、長いスパンで造成中の兼六パークタウン花小金井は、一回の募集が15軒から20軒前後に抑えてあるため、全体として様々な年齢層の住人により構成されるという利点があります。
小金井公園に近く、子育て世代にも現役を引退した年金世代にも住みやすいと人気です。